事業成功のカギはフランチャイズ選び!
ゼロからわかるデイサービス経営マニュアル
デイサービスフランチャイズ(介護経営)マニュアル » 知っておきたい介護経営の基本情報 » FCで開業するメリット

FCで開業するメリット

フランチャイズシステムを利用して介護事業を開業することのメリットを解説しています。

介護事業はフランチャイズで開業するべし!

介護事業を開業するにあたって、最初の選択肢が「フランチャイズを利用するか否か」というもの。それぞれのメリットとデメリットを考えても、フランチャイズを利用する方が圧倒的に有利だということは知っておくべきだと思います。

ここでは、介護事業をフランチャイズで始めたほうがいい理由をご説明していきたいと思います。

ノウハウを共有できる

ノウハウを共有できるの画像介護事業をはじめる方のほとんどが、介護事業の経営のノウハウを持っていない方だと思います。介護のお仕事をしていたとしても、事業所の運営・経営はまったく別のもの。知識やノウハウがない中で、ゼロから事業を立ち上げていくのは非常に効率が悪いことです。

フランチャイズの場合は、フランチャイズグループが蓄積してきたノウハウを最初から利用することができます。ノウハウには、介護事業の運営・経営に必要な知識や、問題が起きた時の対処など、知っていれば有利に事業を進められるものが詰まっています。これを利用せずに、ほかの事業所との競争を勝ち抜いていくのは事実上困難です。

逆に言えば、フランチャイズでの開業の場合は、介護知識や業界経験のない方にオススメの事業だと言えます。サポートシステムや研修が整っていれば、介護知識がなくてもオーナーとして事業を展開することが可能です。

低コストで早期開業が可能

フランチャイズの場合は開業コストを抑えることができるのも強みのひとつ。資金を抑えるだけでなく、短期間での立ち上げが可能です。

介護に必要な備品や設備の導入においては、個人で購入するよりも低いコストで済ますノウハウがあります。介護保険請求や賃金管理のシステムなどもソフトが用意されていることがほとんどで、自分で選定・準備などをしなくて済みます。

介護事業の立ち上げには、指定事業者の申請などの手続きが必要ですが、これも本部の指導を受けながら進めることができます。開業に必要な準備をサポートしてくれるので、短期間での開業が可能になります。

また、人材の採用や雇用保険についても、フランチャイズに加盟していれば大口割引を利用できる可能性があります。時間・資金の両面において、コストを抑えられるのがフランチャイズの大きなメリットです。

独自開発のプログラム・サービスが提供できる

フランチャイズに加盟することで、本部が開発したサービスやプログラムが利用できます。

たとえば、デイサービスでの利用者のトレーニングサービス。介護予防のためのトレーニングがいま注目されていますが、このトレーニングプログラムを独自に開発しているフランチャイジーがあります。これを利用することによって、他社との差別化が可能です。

フランチャイズを利用しない場合に、自分の工夫だけで他社よりも優れたサービスを提供するのは実際には難しいこと。独自性のあるサービスが提供できるという点でも、フランチャイズ加盟が有利です。

フランチャイズを利用しない手はない!

以上、介護フランチャイズを利用するべき3つの理由をご紹介しました。

事業をゼロから立ち上げることで生じる手間やコストを考えれば、フランチャイズを利用しない手はありません。フランチャイズグループごとにさまざまなサポートやプログラムが用意されているので、比較検討しながら加盟するフランチャイズを決めていきましょう。


【免責事項】
「デイサービスの経営に失敗しないためのフランチャイズガイド」は個人が集めた情報を元に制作しています。
各社最新情報がお知りになりたい場合は、必ず公式サイトをご確認ください。

▲ページトップ