事業成功のカギはフランチャイズ選び!
ゼロからわかるデイサービス経営マニュアル
デイサービスフランチャイズ(介護経営)マニュアル » 知っておきたい介護経営の基本情報 » 事業開始までの流れ

事業開始までの流れ

デイサービスの開業までに必要な作業・申請の流れをご紹介しています。

デイサービス事業開始までの流れをチェック

デイサービスを開業するまでには、さまざまな準備作業が必要。各機関への申請手続きが多いため、あらかじめ流れを把握した上で開業までのスケジュールを立てることがポイントです。

そこで、ここではデイサービスの事業開始までの流れをご紹介します。

1.開業までの計画

デイサービスを開業する物件の選定・設計

デイサービスを開業する物件の選定・設計の画像まずはデイサービスを開業する物件を決め、設備などの設計を進めます。

物件の選定は、入念に地域の人口や競合他社に関する調査を行い、ニーズを把握することが大切です。それに合わせてサービス内容やプロモーションの仕方などの戦略も用意しておく必要があります。

調査・戦略を踏まえて、実際に開業する物件を選定します。都市計画法、建築基準法、消防法など、参照する法律があるかどうかを確認しましょう。

また、介護指定事業者の基準を満たす設計が可能かどうかもチェックをする必要があります。

無事に物件が見つかり確保ができたら、施設設計を進めていきます。

事業計画書

物件が決まったら、まずは事業計画書を作成します。

資金計画や売上計画、経費計画、収支計画、利益計画といった数値面での目標を厳密に立てることが重要です。

2.手続き・申請

法人の設立

指定介護事業者の申請には法人格が必要なので、会社か法人を設立します。既に法人格がある場合は、定款の事業目的に介護事業に関する文言を追加します。

事前協議

指定機関と、設備工事について事前協議を行います。事業者指定の基準を満たすために、細かい指導を受ける可能性があります。指導に従って修正をしないと、デイサービスを開業できなくなるので注意が必要です。

人員募集

指定事業者申請のためには、先にスタッフとの契約を結ばなければなりません。

デイサービスの場合は、管理者、生活相談員、介護職員、看護職員、機能訓練指導員の確保が必要です。実際の契約書が必要なので、注意をしましょう。

デイサービス事業者指定申請

ここまでの準備が整ったら、デイサービスを提供できる事業者としての認定を申請します。

設備工事完了後、指定の書類を提出します。人員、設備、運営基準をクリアしなければ申請は通りません。申請が通らなかった場合は開業が遅れてしまうので、申請準備は社会保険労務士などの専門家に依頼をするのが確実です。

申請後の準備~開業

無事に指定事業者の申請を終えたあとは、利用者との契約書、就業規則やマニュアルなどを作成します。また、介護報酬請求ソフトなどの事務システムを導入しましょう。

申請が無事に通れば、いよいよ開業となります。ちなみに、開業指定日は原則として各月の1日となっているので、それに合わせて開業準備のスケジュールを立てるとよいでしょう。


【免責事項】
「デイサービスの経営に失敗しないためのフランチャイズガイド」は個人が集めた情報を元に制作しています。
各社最新情報がお知りになりたい場合は、必ず公式サイトをご確認ください。

▲ページトップ