事業成功のカギはフランチャイズ選び!
ゼロからわかるデイサービス経営マニュアル
デイサービスフランチャイズ(介護経営)マニュアル » デイサービスの運営&経営指南 » 持続的な経営のためには…

持続的な経営のためには…

デイサービスをはじめとする介護事業を継続的に運営していくためには何が必要なのでしょうか。経営のポイントを探ります。

デイサービスなどの介護事業を長く経営・運営するためのポイントとは?

介護事業に参入することのメリットは、介護業界がこれから長期にわたってニーズを伸ばしていくと考えられているところ。上手に経営していくことで、継続的な経営が可能になります。

では、持続的な介護事業の運営をするためには何が必要なのでしょうか。デイサービスなどの事業を例に考えていきましょう。

デイサービスの運営には対策が必要

2015年の介護報酬の引き下げによる介護業界へのダメージは、決して小さいものではありません。報酬が下がる一方で、職員の労働環境の改善も求められているため、デイサービスなどの介護事業の将来は楽観視できません。

その中で生き残れる事業所をつくりあげていくためのひとつの方策として、介護報酬に頼らない経営体質の構築を挙げることができます。介護保険の対象外となるサービスを提供することで、介護報酬の引き下げなどに影響されず、高齢者のニーズにあったサービスを提供することができます。

これによってほかの事業所との差別化を図ることもできます。ニーズの増加に応えつつ、介護事業をめぐる制度の変化に対応していくためには、介護保険外のサービスが重要になります。

介護保険外のサービスとは?

これから注目される介護施設のサービスとは、高齢者の生活の質(QOL)を高めるようなものだと考えられています。

デイサービスで提供できるサービスは、入浴や食事、レクリエーションに留まりません。利用者での旅行や趣味のサークルを企画することで、利用者どうしのコミュニティをつくることができます。これによって趣味や生きがいを創出できれば、利用者の満足度は高まります。

あるいは美容や健康に配慮したサービスも可能です。整骨院やフィットネスジムを併設したデイサービスなら、より健やかな体づくりが可能になります。

またこれからの時代は、投資や相続といった資産運用・管理をサポートするサービスも求められます。高齢者自身では管理の難しい資産を支えることで、利用者はもちろん、ご家族も安心されることと思います。

介護予防トレーニングにも注目!

介護予防トレーニングにも注目!の画像長期にわたって安定した経営をするためには、それぞれの利用者が長くサービスを利用してくれることが大切です。そこで注目したいのが、トレーニング中心のデイサービスです。

いま注目されている介護予防は、トレーニングを提供することで要介護状態を防ぐもの。同じレベルの身体機能をもった利用者が集まってトレーニングをするので、コミュニティ形成に役立ち、モチベーションを保ちやすいと考えられています。

運動機能の向上につながれば、元気に楽しく通えることで利用者の満足度も高まります。在宅介護が推進され、介護予防がますます注目されることは間違いないので、長期安定経営のための選択肢のひとつになると思います。

安定した経営・運営に向いたフランチャイズグループを選ぶ

安定した経営は、実は個人開業では難しいもの。ブランド力や口コミに欠けるので、どうしても安定性を欠きます。

長く経営するなら、フランチャイズグループでの開業がより確実だと思います。このサイトでも、安定した経営が望める介護フランチャイズグループを集めてレビューしています。ぜひそちらも参考にしてみてください。

>>オススメの介護フランチャイズグループリスト<<

また、初期費用の安さ、本部のサポートの充実度、法人新規事業との親和性に注目して厳選したフランチャイズをレビューしたコンテンツもご用意しています。併せて参考にしてみてください。

>>初期費用の安いフランチャイズグループ3選<<

>>本部サポートの手厚いフランチャイズグループ3選<<

>>法人新規事業に適したフランチャイズグループ3選<<


【免責事項】
「デイサービスの経営に失敗しないためのフランチャイズガイド」は個人が集めた情報を元に制作しています。
各社最新情報がお知りになりたい場合は、必ず公式サイトをご確認ください。

▲ページトップ