事業成功のカギはフランチャイズ選び!
ゼロからわかるデイサービス経営マニュアル
デイサービスフランチャイズ(介護経営)マニュアル » デイサービスの運営&経営指南 » 利用者を増やすコツ

利用者を増やすコツ

デイサービスなどの介護事業を開業・経営する上で知っておきたい、利用者を増やすコツについてご紹介しています。

【介護事業】デイサービスなどの利用者を増やすためのポイントとは?

これから介護事業に参入する方にとって、いちばん知りたいのは「利用者を増やす方法」ではないでしょうか。介護事業の開業・経営の成功を決めるのは、何より利用者の数が大切だからです。

介護事業で失敗しないために

これからニーズが増えることは間違いない介護事業。今後、大きなビジネスチャンスを迎えることになります。

しかし、ただ介護ビジネスを始めれば儲かる、というほど甘いものではありません。介護報酬の引き下げを受けて廃業する施設は増えており、特にデイサービスは大きな打撃を受けているようです。

とはいえ、悲観的になる必要はありません。ニーズは変わらず増加する一方です。適切な経営を行い、利用者を確保していくことで介護事業の成功を収めることは十分可能です。

では、利用者を増やすためのコツにはどんなものがあるのでしょうか?

ほかの事業所との差別化

いちばん重要なのは、ほかの介護事業所との違いを打ち出すことです。

ほかと同じサービスを提供しているようでは、利用者が自分の事業所を選ぶ理由がありませんよね。利用者が選びたくなるような個性を用意し、伝えることが大切です。

食事が美味しいとか、お買い物の個別対応ができる、あるいは機能訓練の設備が整っているなど、アピールポイントになるような強みを考え出すことで、あなたの事業所が選ばれることになります。

デイサービスを例に取ると、たとえば「何を目的としたデイサービスなのか」というポイントでのアピールが可能です。リハビリを重視しているのか、リラックスを重視しているのか。あるいはレクリエーションの充実がポイントなのか。何かひとつ、特色をもつことが大切です。

ケアマネージャーへのアプローチ

ケアマネージャーへのアプローチの画像介護サービスの利用者は、まずはケアマネージャーにケアプランを作成してもらい、それにしたがって介護を受けます。介護サービスはケアマネージャーが紹介する施設を利用することになるわけですから、ケアマネージャーに対して営業をすることが大切です。

まずは彼らに事業所のサービスの内容をしっかりと伝えること。また、彼らの悩みや課題、必要としているサービスなどの話をしっかりと聞いて、一緒に課題解決に取り組むことも大切です。

ケアマネージャーへの営業活動を通して、信頼関係を築くことができれば、利用者は増えていくはずです。

口コミに注意!

また、利用者の増加や減少に直接作用するのが、利用者の口コミです。良いことも悪いことも、噂は利用者から家族や友人へと伝わっていきます。

ですから、利用者を増やすためのアピールも大切ですが、それ以上に現在の利用者を大切にすることが重要です。良い評判が立てば、人が人を呼ぶ形で利用者は増えていくでしょう。

フランチャイズ(FC)へ加入する

利用者を増やすための確実な方法に、フランチャイズグループへの加盟が挙げられます。

個人で起業しても、ブランド力がなければなかなか人は集まりません。介護事業所としてブランドがあり、サービスの評判が知られていれば、新規開業であっても人は集まります。FCへの加盟の最大のメリットはこの点にあります。

加盟するFC選びの参考になるよう、このサイトではオススメの介護事業フランチャイズをご紹介しています。ぜひそちらもチェックしてみてください。

>>オススメの介護フランチャイズグループリストはこちら<<

>>初期費用の安いフランチャイズグループ<<

>>本部のシステムが充実しているフランチャイズ<<

>>法人新規事業に適したフランチャイズグループ<<


【免責事項】
「デイサービスの経営に失敗しないためのフランチャイズガイド」は個人が集めた情報を元に制作しています。
各社最新情報がお知りになりたい場合は、必ず公式サイトをご確認ください。

▲ページトップ