事業成功のカギはフランチャイズ選び!
ゼロからわかるデイサービス経営マニュアル
デイサービスフランチャイズ(介護経営)マニュアル » デイサービスの運営&経営指南 » これからの介護ビジネスの将来性

これからの介護ビジネスの将来性

介護ビジネスが迎える今後の展望を解説しています。これからニーズが増えるであろう「介護予防事業」についてもご紹介しています。

これからが儲かる時代!介護ビジネス、そして介護予防事業のニーズ

日本が抱える大きな問題のひとつに、これまでにない超高齢化社会が挙げられます。平均寿命の延長、そして労働人口の減少および少子化によって、国民全体の中で高齢者が占める割合は急激に大きくなっていきます。

そんな中で注目されるのが介護ビジネス。介護のニーズが高まることはほぼ間違いないと言われる中、介護ビジネスの将来はどのように見通すことができるのでしょうか。

介護需要の増加

「高齢化社会」という言葉は、65歳以上の人口が総人口の7%以上を占める社会を指します。これが14%以上になれば高齢社会、21%以上になれば超高齢社会となります。2013年の時点で24.1%を記録している日本は、すでに超高齢社会に突入しています。

今後さらに高齢者の割合は増え続け、30年後には34%に到達するという試算が示されています。100年後も33%前後で安定すると予想されており、長期の超高齢社会が続くことはほぼ間違いありません。そのため、介護事業へのニーズは間違いなく高まるといえるでしょう。

介護費用も年々増加

実際、介護に投入されている税金の金額もものすごいスピードで増加しています。介護保険制度のはじまった2000年度では3.6兆円だった介護費用は、2012年には8.9兆円と倍以上になっています。

ここからもわかるように、やはり介護の需要は膨らむばかりだと言えます。

サービスの多様化

サービスの多様化介護保険の負担があまりにも大きくなっただけでなく、介護施設の不足が叫ばれるようになったことで、現在は在宅介護への切り替えが推進されています。

在宅での介護では、必要なサービスが人それぞれで異なります。そのため、介護保険の対象外のサービスも提供されるようになっています。配食サービスや家事援助、ペットの世話、変わったところではお墓参りの同行といったものもあるようです。

介護サービスの業態は変化しており、ニーズは幅広く増えていることがわかります。

介護予防事業のニーズの高まり

介護を受ける方、あるいは介護をするご家族からすれば、介護を受けなくて済むのがいちばんいいことは間違いありません。また、公的な介護費用負担の抑制が必要なこともあり、現在は要介護状態を予防する「介護予防事業」にもニーズの高まりが見られます。

国や自治体からの委託による、フィットネス指導や脳トレ、認知症予防、ひざ痛・腰痛対策といったビジネスがすでに活発化しつつあります。運動を習慣化したり、健康管理を提供したりすることによって、介護を予防することが国民からも国・自治体からも求められています。

本当に儲かる介護ビジネスはこれから!

介護事業だけでなく、介護予防事業も巻き込んで、より市場が大きくなっていくと予想される介護業界。将来的には巨大産業になることも十分考えられます。

介護事業の黎明期を超えて、ビジネスが成熟しているこれからが、介護事業でしっかり利益を出すことのできる時代だと言えます。

それを踏まえ、これから介護ビジネスを始める方のために、加盟を検討するべきフランチャイズ(FC)グループをレビューしています。介護事業の将来性を見据えたサービスやノウハウを利用することができるFCを厳選しているので、参考にしてみてください。

>>加盟を検討したいFCグループ5選<<

>>初期費用の少ないFCグループ<<

>>本部システムに強みのあるFCグループ<<

>>法人新規事業に適したFCグループ<<


【免責事項】
「デイサービスの経営に失敗しないためのフランチャイズガイド」は個人が集めた情報を元に制作しています。
各社最新情報がお知りになりたい場合は、必ず公式サイトをご確認ください。

▲ページトップ